1. HOME
  2. 和太鼓彩入団エピソード!!by一彩

和太鼓彩入団エピソード!!by一彩

日時:平成30年10月7日
執筆者:一彩
タイトル:和太鼓彩入団エピソード!!

みなさまこんにちは!
和太鼓彩の一彩です!

なにやら和太鼓彩のメンバーが自分たちのエピソードを赤裸々に語る「ヒストリーページ」なるものが出来たらしく…。

僕も書いちゃいます!笑
と言う事で今回は一彩の「和太鼓彩入団エピソード」をお話ししたいと思います!

さて、どこからお話ししましょうか…。
まずは和太鼓彩を知るところからですね!
僕が和太鼓彩のことを知ったのは入団する一年ほど前だったかな??
当時和太鼓彩が某超大手ハンバーガーショップのCMに出演していて、ふとテレビを見ていた時にその CMが流れたんですね。

僕はその頃高校を卒業する手前で、彩に入る前に所属していた「横浜都筑太鼓」という団体を辞め太鼓奏者としてソロになるか、どこかの団体に所属するか悩んでいた時期でした。
ここで都筑太鼓時代最後に出演した自主公演の写真が出てきたのでドーン!!

え???若くない??笑

いや今でもまだ若いですよー笑
とまあそこは置いておいて。

そのCMを見て僕はふと隣にいた父に
「これどこの団体??」と聞いたんですね。

そしたら父が
「彩ってチームらしいよ」とひとこと。
「ふーん」と僕が一言。

あ、ご存知ない方の為に…
僕の父はプロ和太鼓奏者でして、その影響で僕も和太鼓を始めました。
と言っても父に和太鼓を教わったことは今まで一度もないんですけどね笑

実は僕が中学二年生くらいの頃、父がとある企業様のイベントで大勢の太鼓打ちが必要になった際に何団体か頼んだ中に和太鼓彩がいたらしく、僕も出演していたので一度共演しているんですよね笑
全く記憶にないんですが笑

おっと脱線。

今思えばこの会話がなければもしかしたら僕は和太鼓彩に入団していなかったかもしれません。
この何気無い会話は今でもなぜか明確に憶えています。

それから数ヶ月後のある日、幼馴染の和太鼓仲間とイベント出演をする機会がありまして、その出演者の中に桐蔭学園和太鼓部もいました。

ふと誰に教わっているんだろうと気になった僕は部員の一人に
「誰に教わってるんですか??」と聞いたら「和太鼓グループ彩さんです!」
との返答。

「…あのCMの団体か…」
そんなこんなで段々と和太鼓彩に興味が湧いてきた僕は家に帰って父に
「あの和太鼓彩って団体興味あるんだけど…」と言いました。
「んじゃあ見学でも行ってみる??」

そうして数ヶ月後の2014年12月、僕は父を連れて和太鼓彩の練習を見学しに行くのでした…。
(僕が見学しに行きたいと言って父に連絡を頼んだのですが、その連絡を受けた彩側のエピソードは今度代表にでも聞いてみてください)

さて、ここで僕が和太鼓彩を初めて見学に行った時のお写真がこちら!

なんでこんな写真撮ったかって??
いい天気だったからですよ!笑
初めての天空劇場でテンション上がってマックス決めちゃいました????

んで、僕が初めて和太鼓彩を見た時の第一印象は…

「髪長くね!?」
「色黒くね!?」
「髪色派手じゃね!?」
「ちょんまげ!?」
「悪の帝王じゃね!?」

というのは嘘で、第一印象は正直憶えていません笑
が、「なんか楽しそうやな」と思った記憶はあります。
それと同時に、当時スーパーウルトラ生意気だった僕は初めてみた団体にふとこう思ったんですよね。

「俺がこの団体を変えてみたい」

なんの根拠があってなのか、若気の至りなのか今はよく憶えていないですが笑
何か僕の中で今まで感じたことのなかった「可能性」が見えた瞬間でした。
そこから約1ヶ月後、入団の意思を決めた僕は再び天空劇場へ足を運びえんチャレの公演を見て演奏終わりの葛西代表と共に北千住にあるよくわからない中華屋で話し合い…
和太鼓彩に入団したのでした。

ここから僕の和太鼓彩での人生が始まります。

…おっと、そんなこんなで今回はここまでにしておきます!
僕のちょっと特殊な?入団エピソードはいかがでしたか?

それぞれ色々なエピソードを持って入ってきた和太鼓彩のメンバー達。
ただ舞台上ではみんな一つの「音」です。
伝える思いは違えど、形は一つです。

そんな一つを届けられるように、これからも僕らは走っていきます!

さて、次回は「和太鼓彩に入った一彩の怒涛の1年間!?」か「僕が太鼓を始めたきっかけ」とかにしますかね!

それではご覧いただきありがとうございましたー!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事