1. HOME
  2. 岩永卓馬入団ヒストリーby岩永卓馬

岩永卓馬入団ヒストリーby岩永卓馬

日時:平成30年10月18日
執筆者:岩永卓馬
タイトル:岩永卓馬入団ヒストリー

和太鼓彩の過去を知ることができるヒストリーページ!
着々と投稿されていますね!

今回は岩永卓馬の入団の経緯について、お話しさせていただきます!
しばしお付き合いいただけますと幸いです!

それでは早速いってみましょう!
まずは和太鼓との出会いからお話させて下さい。
桐蔭学園に入学し、部活を探していた僕は漠然とチームで活動できる部活がいいなと思っていました。それは幼稚園から中学校までの約11年間空手を習っており、個人競技ではなく団体で協力して何かを成し遂げたりすることに憧れがあったからです!いわゆる青春ってやつですね!笑

ですが、いざ部活見学に行くもなかなか入りたいと思える部活が見つからず、時間ばかりが過ぎていきました。
そんな時、クラスの和太鼓部の友達に学園祭で太鼓のライブをやるから見に来てよと誘われたのです。
正直、当時は和太鼓にあまりかっこいい印象をもっていなかったのですが、とりあえず行くことにしました。
この決断が僕の人生の分岐点になっていたとは、まだ15歳の岩永青年は知る由もありません笑

そうして始まった和太鼓演奏。
あの時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。
初めて体感する和太鼓の轟音、ぴったりと合ったフリ、何よりも同い年の高校生がこんなにも汗水を流し、命を燃やしながら太鼓を叩いている姿がとてもかっこよかったのです!
これが和太鼓との出会いでした!

演奏後、すぐさま和太鼓部に入部。
他のみんなよりも一歩遅れての入部だったので、苦労する場面も多々ありましたが、そこからの2年間は本当に充実していて、あっという間に時間が過ぎ去っていきました!

ちなみに、知っている方も多いかと思いますが、岡本は僕の同期で、一緒に青春を過ごした仲だったんですね〜!
まさか一緒に働きはじめることになるとは…。世の中わからないですね笑

さぁ、何やら長くなってしまいましたが、高校時代の話はこの辺でおしまいにして、いよいよ和太鼓彩に入団する経緯をお話させていただければと思います!

高校卒業後、大学では和楽器サークルに入り、箏に没頭する四年間を送りました。
和太鼓以外にも、たくさんの和楽器に触れ、すっかり和楽器の虜になってしまった僕は、漠然と卒業後も演奏を続けたいと考えるようになりました。
そんな時ふと思い出したのが、同期の岡本が入っているという和太鼓彩という団体。
思い立ったが吉日!早速岡本にお願いして葛西さんと話しをする機会を設けてもらいました。

これが2016年の7月。青葉台の喫茶店で葛西さんと岡本と僕の3人で、和太鼓彩に関する様々な説明をしてもらいました!
当時「和太鼓を社会的意義のあるものへ」というスローガンを打ち出して間もない頃、和太鼓を通じて、演奏のみならず社会に貢献していこうという葛西さんのビジョンと、目の奥に宿す信念のようなものに心を動かされたのを覚えています。

何はともあれ何事も百聞は一見にしかずということで、直近の和太鼓彩のLIVEに招待してもらいました。
そのLIVEが2016年8月に開催された 「葛西啓之の論理」!
自分にとっては数年ぶりの和太鼓!
演奏がはじまり、メンバーが太鼓を一打叩いた時、なぜか鳥肌が立ったのを覚えてます。
また、演奏以外にも企画が用意されており、企画の一環で葛西さんが幽霊の格好で登場したり、春日さんがステージ上で筋トレをはじめたりと、ついつい笑ってしまう仕掛けが満載で、会場にいたお客様が皆すごく楽しそうにされているのを客席側から見ておりました。
演奏で感動を届け、演奏の枠を超えた様々な方法で笑顔をお届けする彩メンバーを目の当たりにして、遂にはこう思ったんです。
「和太鼓彩に入りたい。和太鼓彩に入って自分も太鼓を通じてお客様に笑顔と感動を届けたい。」
何やら文章に起こすとクサく感じられるかもしれませんが、心の底からそう思ったのです!

ちなみに、彩チャンネルにてLIVEの様子をご覧いただけますよ~!

こうして遂に入団を決意し、練習に参加させていただきながら、12月24日の「AFTER THE NEXT→」にて、念願のデビューを果たすわけです!
あの時いただいた皆様の温かい拍手、本当嬉しかったです。
改めまして、本当にありがとうございました!

いやはや、勢いあまってすっかり長くなってしまいました…。
ここまでお付き合い下さいました皆様、ありがとうございました!

実は和太鼓彩に入団したかった理由は他にもあるのですが…、
それはまた次の機会にお話させて下さい!

次回もお楽しみに!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事